業務プロセスの把握から情報資産特定へアプローチ

不安定なお天気と暑さにやられそうになりながら、お盆明けの8/19、コンサルタントさんと、弊社の業務プロセスの洗い出し方針と文書化の方式について具体的な準備の打ち合わせを行いました。


弊社の場合は、まず業務プロセスを洗い出し、各業務プロセスのINPUT/OUTPUTを明確にすることで、スムーズかつ漏れなく情報資産の特定につなげていく手法をとります。

管理方法や業務プロセスなど、情報資産を取り巻く環境には何かしらの弱点が潜んでいることがほとんどです。その弱点を把握し対策することが事故を未然に防ぐことに繋がります。

「危ないからやめておこう」だけでは何も前に進みません。

安全に事業を執り行うために正しくリスクコントロール!まずは、そのための業務プロセス洗い出しです。


↑例えば営業業務だと上のような感じで洗い出しています。


来週は実際に業務プロセス図の作成まで進めます!

株式会社ウィル・ドゥ

三重県伊勢市のシステムソリューション企業 株式会社ウィル・ドゥ